訪問看護師の気になるお給料について

訪問看護師の給与体系はどのようになっているか

看護師として就職する場合、転職する場合、再就職する場合いずれの場合でも給与がどうなのか一番興味がある部分でもあります。 ここでは、訪問看護師の給与体系はどのようなっているかをご説明いたします。

訪問看護師に仕事内容に興味があり魅力を感じて仕事を選ぶ看護師も増えて います。一般的に訪問看護師の平均年収額は、<400万円から500万円>だ と言われています。

給与水準を考えてみた場合、病院勤務の看護師の年収と遜色ないほどの 金額の相場だと思います。

訪問看護師の場合は、(1)夜勤がない(2)非常勤看護師の比率が比較的高い (3)これまでの看護スキルが給与に反映しない――この3点がありますから 手当部分が少なくなってしまうかもしれません。

特に給与の部分で大きな比率を占める夜勤手当は、訪問看護では夜勤がありませ んから、夜勤手当が付く病院の看護師と比較すると夜勤手当分は安くなります。

訪問看護師として仕事をする人の特徴として、結婚・出産・育児などの理由で 一般病院勤務が難しい人が、訪問看護で非常勤看護師・アルバイトとして 仕事をするケースが多く見られます。 正職員ではないので、給料は少し安くなるでしょう。

これまで臨床経験があっても中小企業が運営している訪問看護ステーションでは 過去の評価をきちんと評価してくれているとは限りません。 しっかりと過去評価をしてもらうには、病院内に設置されている訪問看護科や 大手企業が運営している訪問看護ステーションに勤務することをお薦めいたします。

訪問看護師の給与体系は<歩合性>か<年俸制>の2種類になります。 歩合性を採用している場合は、看護師が実際に訪問した回数によって給料が きまります。

最低限度の基本給は保証されていますから訪問した数が多ければ多いほど 給料額もアップしてゆきます。

年俸制を採用している場合は、新しい年度になる前に自分の仕事の評価して もらって新しい年度に年俸が反映されることになります。

訪問看護師の平均年収は、都市部であるのか地方都市なのか田舎なのかに よっても大きく違っています。 東京を中心とした首都圏、大阪を中心とした関西圏、名古屋を中心とした 中京圏など都市エリアでは比較的給与水準は高い傾向にありますが、 地方に行くとどんどん給料が安くなる傾向です。

以上、訪問看護師の給与体系はどのようなっているかをご説明いたしました。 訪問看護師の仕事は、一般の病院に勤務する看護師と給料水準がそれほど 変わりませんが、夜勤がない、非常勤看護師の割合が高い、今までのスキルが 給料に反映されないといった欠点もあります。