夜勤で働く看護師のお悩みとは?

夜勤専従看護師の悩みについて

看護師の仕事を考えると日勤ばかりではなく夜勤・準夜勤という不規則な 勤務が要求される場合があります。 人間の体には生活リズムがあるのですが、こういった不規則勤務は体の 不調がでやすくなります。

若い頃ならば無理がききますが、加齢とともに肉体的にも精神的にも 厳しくなってきます。

ここでは夜勤専従看護師の悩みや対策を考えたいと思います。
夜勤専従看護師に強い求人サイトは?

実際に勤務する病院などの医療機関や施設により看護師の夜勤手当は まちまちです。高額な夜勤手当を出してくれる病院もあるようですが、 勤務がとてもハードなのが実態です。高額な金額を出さないと仕事が 続かないからです。

病院の病棟勤務の場合を例にあげましょう。 ベッド数が多くても関係なしに看護師の夜勤人数が少なければ、 とても過酷な夜勤状態で休憩も仮眠もとれない――そういった話は決して 珍しくありません。 それにもかかわらず夜勤手当が安いところも多いみたいです。

「夜勤をしたくない」と拒否すれば夜勤手当が付かないですから給与は 安くなってしまいますし、最悪はその職場にいられなくなります。 逆に夜勤をたくさんしてガッチリと稼ぎたいと思っている若い看護師でも 夜勤回数が制限されたりします。

中には他の病院へ夜勤のアルバイトをするという看護師もいるほどです。

けれどもそのような生活は精神的にも肉体的にも決して健康だとは 言えません。体を酷使して看護師の仕事をしているのですから体への 負担は相当ですし、いつか限界がやってきます。

その限界を越えてしまって体を壊してしまえば、仕事はできなくなり ますし日常生活だって不自由になるかもしれないです。

そんなリスクを抱えてまで頑張って仕事をしても無意味です。 「夜勤をもっと増やしたい」とか「夜勤手当を増やしてほしい」とか 「夜勤はしたくない」とか夜勤にまつわる希望があるならば、 看護師専門の転職サイトに相談するのはどうでしょうか。 同僚の看護師には相談しにくい話もあるでしょう。

以上、看護師の夜勤に関しての悩みや対策を考えました。 夜勤手当の充実した職場など、あなたの希望をかなえてくれるところは、 きっとあるはずです。

<関連サイト>
熊本県看護協会

看護師復職支援セミナーに参加するメリット

医療の世界はとても進化が速いため、しばらくブランクがあると職場復帰が難しくなってしまうことがあります。 就職情報をチェックしてみると、「ブランクがある方も歓迎!」という形で掲載されているところは多数あるのですが、自信がないという理由でなかなか応募できない人もいるようです。

ブランクがあることに悩んでいるのであれば、看護師復職支援セミナーに参加してみてはどうでしょうか。 看護師復職支援セミナーとは、復職を考えている看護師のために開催されているセミナーで、実践ですぐに役立つ研修などが行われています。

ブランクに悩んでいる人の多くは、職場復帰をした時に周りについていけるかどうかということに不安を抱えている人が多いようですが、看護師復職支援セミナーに参加することによって不安を取り除くことができるでしょう。

どうやって看護師復職支援セミナーを探せばいいのかというと、大きく分けて二つの方法があります。 まず、医療機関の中から再就職支援を行なっているところを探すという方法です。 どこで再就職支援を行っているかというのは転職支援サイトなどで相談をすると簡単に見つけることができます。

二つ目の方法は、ナースセンターやナースプラザで行われている講習を探すという方法です。都道府県にはナースセンターがあるわけですが、こういったところで研修が行われているので探してみてはどうでしょうか。

ただ、地域によって研修の内容や充実度、評判などは違うようです。 といっても基本的に研修参加費用は無料となるので、独学で最新の医療などについて学ぶよりも充実した知識を手に入れられることは間違いありません。

自分ではどういった看護師復職支援セミナーを選べばいいのか分からないということであれば、ブランクがある看護師の職場復帰に力を入れている転職サイトで相談をしてみてはどうでしょうか。

看護師復職支援セミナーで自信がつけばそのまま就職先を探すこともできるわけなので、転職サイトで相談をして不安を解消しつつ看護師復職支援セミナーで自信を付けましょう。

ブランク後におすすめの職探し方法

ブランクがあるけれども看護師としてまた働きたいと思っている方におすすめの職探し方法についてご紹介します。

まず、ブランクがあるために就職を悩んでいるという方は、自分が持っている知識や技術でついていけるかどうか悩んでいますよね。 そうであれば、ブランクOKという職場を探すのがおすすめです。

ブランクOKであるということは、そういった人達をサポートする体制が整っているということでもあるわけなので、安心して仕事を再開することができるのです。

ブランクのある人を歓迎している職場の中には、復職支援研修を行っているところもあるので、不安な方は研修を行っているところの中から選んでみるといいでしょう。

次に、自分に合った職場を探すことが大切です。 看護師の仕事を中断している人の中には妊娠や出産といった理由で職場を離れた人もいれば、過酷な仕事環境についていくことができずに職場を離れている人もいます。

もし、合わないという理由で前の職場を辞めたのであれば、次は自分が求める環境に近い職場探しをしたほうがいいです。 夜勤ありのフルタイムで働くのが難しい場合は特別養護老人ホームなどあまり忙しくない職場を選んでみてはどうでしょうか。

仕事についていけるかという悩みを抱えている人は多くいますが、実際に働き始めてみるとそれほど問題に感じない人ばかりです。 特に多少のブランク程度であればすぐにでも勘を取り戻せるわけなので、あまり心配する必要はありません。

看護師という仕事から離れてしばらく経っている人でも、ブランクOKの職場を選んでしっかり研修に参加すれば知識不足や経験不足を補うことができるでしょう。

様々な職場で看護師の数が不足しており、ブランクがあったとしても歓迎されることがほとんどです。 それでも不安があるということならば初めは短時間の勤務からスタートするのもいいでしょう。

ブランクがあっても経験豊富な看護師が新卒の看護師よりも歓迎される職場のほうが多いので、安心して仕事探しをするといいですね。